〒106-0032 東京都港区六本木6-2-5 原ビル3F

診療時間 10:00~13:00/14:00~17:00   ※休診日 / 水曜・土曜・日祝日

港区 六本木 歯科 歯医者,人工歯根,新しいインプラント,免疫療法,免疫力,口腔外科,口腔生体力学療法,バイオメカニクスなど。【西原研究所】

HOMEミトコンドリア博士のごあいさつ著書研修制度料金表・アクセス

HOME»  西原博士のブログ»  どうして全科の医師をまとめて指導できるのか?

どうして全科の医師をまとめて指導できるのか?

  • 件 (全件)
  • 1

「顔と口腔の医学」西原研究所ではどうして全科の医師をまとめて指導できるのか?③ Part.5

  前回迄東京医科歯科大学を卒業する迄の講義内容と医学勉強について述べました。多種雑多な講義の中でひときわ心に残ったのが三木成夫の生命の形態学でしたから、このことについて少し詳しく述べましょう。これがわが西原医学の根本的な考えの源なのです。三木形態学の生体力学を主導とした考えのもとに医学を再統合すると、臓器別医学とは全く異なる超多細胞の多臓器から成るヒトの個体全体を統御するしくみが明らかになります。つまり、体中をくまなく巡る血液と生体力学エネルギーと流体力学エネルギーの複合作用によってすべての器官が連繋してまとまった運動が出来るように統一個体として制御されている仕組みが理解されるのです。そうすれば一人の医者で全科の医学が自ずと体得されるというものです。それによって全科の医師を指導することができるようになるという事です。これがこのブログの回答ですから、次回からこのブログのテーマとタイトルもこれから述べる三木成夫の形態学に関するものに変えましょう。本ブログでは、次回迄のつなぎとして「生命の形態学(三木成夫)と東京医科歯科大学」について述べましょう。

三木成夫の解剖学の背後にはゲーテの創始した形態学がひかえていて、その目指す先には重力進化学がある。ゲーテ形態学の神髄は「形態変容の法則性の究明」であるが、これは取りも直さず進化の起こる仕組みの法則性についてを明らかにすることである。一方、三木形態学の神髄は従来の解剖学に欠落していた生体力学をこの領域に導入したことにある。形態学は動物の形についての哲学(根本的に考える学)であるから、動物の本質的特徴である動く事が最も重要な事項のはずであるが、生命科学・動物学・医学・生物学で動く事の本質を深く考える事が現代にいたるまではかなりおざなりにされて来たのである。
高等動物の発生や進化についての生命現象には、重力作用が極めて重要である事に気付いてEntwicklungs mechank der Organismen(生命発生機構学)を創始したのは、W. Roux(Roux’ Archiv 1894~1923)で1894年のことである。「個体発生は系統発生を繰り返す」で有名な生物発生原則(Biogenetischer Grundgesetz-Biogenetic law 1866)を提唱したE. Haeckelの一番弟子であったRouxは、多細胞動物の発生と形態形成には、重力エネルギーが本質的に重要であることに気付いて研究を進めたのであったが、第一次世界大戦のドイツの敗退で、この学問は完璧に消散してしまった。
ルーの仕事は、後にバイオメカニクス(生体力学)と呼ばれる学問となるのであるが、この学問は、ルーが忘れられたまま1990年になってアメリカのカリフォルニア大学のFungによってつくられた。しかしこれは、重力作用とは殆ど無縁のもので人体の各器官や解剖学的骨格構造等をばらばらの部分として分解し、そこに機械工学理論をあてはめただけのものであった。三木成夫は、Fungより半世紀も前に、東大医学部に三講座あるうち系統発生学を担当する歯・顎・顔面口腔・脳の研究を専とする第一解剖教室の大学院の機能解剖学という、重力に基づく生体力学に深くかかわる形態学を専攻した。
三木成夫は戦時中に九州大学で航空工学を学んだという。敗戦後にこの学科が消滅したために医学部に進学し卒業後東大大学院に進んだ。三木の形態学の図譜が並の解剖書のそれを大きく異なるのはどんな点であろうか?通常の形態学の図が形の一場面のみを示すのに対し、三木のそれは、時間軸に沿ったエネルギーの流れが常に描かれている。時間も空間ももとよりエネルギーであるから、三木の頭には、常に推進力のエネルギーで時間と空間を進む飛行機の姿が哺乳動物の身体の形に隠れていたのかもしれない。三木の描く図の解説には重力も慣性の法則も自明のこととして三木は何も言及していないが、眼光紙背に徹すれば重力と生体力学の頭進エネルギーと慣性の法則で形の進化が起こることがわかる。今の医学とライフサイエンスには環境エネルギーも生体力学エネルギーも生命個体の細胞内小器官のミトコンドリアのエネルギー代謝も入っていないのだ。
三木の学位論文は、哺乳動物の成立とともにその働きを失った脾臓という腸管由来の造血器の本態と骨髄造血の発生の謎との関連性の解明である。ニワトリの胎児の鰓腸の血管の発生過程とその変化の観察によって行われた研究は、まさに胎児が「我が先祖は昔本当にサメであったのだ!」ということを物語るほど迫力あるものであった。

2014-02-10 14:39:15

「顔と口腔の医学」西原研究所ではどうして全科の医師をまとめて指導できるのか?③ Part.4

  ヨーロッパがEUに統合されるまでは、イタリア、オーストリア、東欧に存在した医者の中の医者「口腔科医」による診療制度は、極めて有効なものでした。島峰先生は、大正時代の関東大震災直前まで、世界にも類例のない口腔科医科大学構想の実現のためカリキュラムまで作って揃えましたが、大震災という国難で潰えて、とりあえず東京高等歯科医学校という専門学校を作ることとなったのです。昭和に入ってこれを旧制の口腔科医科大学に発展させる前に今次大戦となり、軍部の要請でやむなく専門学校のまま軍医養成の医学科を作ったのでしたが、20年2月に先生が逝去されてから、この変則のまま敗戦を迎えたのです。後を継いだ長尾優が曲折を経てほぼそのまま大学に昇格させたのが今日の東京医科歯科大学です。昭和36年に著者は市川での二年間もっぱら読書三昧の教養課程を終えてお茶の水の専門課程に進学しました。
ここから著者の医学研究への第1歩が踏み出されました。最初の講義が解剖学です。この領域は明治以来充分に耕されており、分厚い日本語の教科書が多数存在していたので重要なものをすべて揃えました。ここでまず、わが専門領域の「顔と口腔」が解剖学用語で「顔面頭蓋」ないし「内臓頭蓋」とよばれ、この部のすべての筋肉が元々は呼吸内臓筋肉(鰓の腸の筋肉)に由来し、この複合器官がヒトの個体を代表するとともに生命を支える最重要の細胞呼吸を支配する酸素と栄養の取り込み口であり、60兆個の全細胞の内呼吸のコントロールをする複合臓器である事を知り深く感動しました。
続く三木成夫の講義でも、顔と口腔がヘッケルの生命反復学説の中心を成すことを知ることとなりました。この学説は、ヘッケルの三つの造語の並んだもので「個体発生は系統発生を繰り返す」”Ontogeny recapitulates phylogeny” 、となっています。この動詞の部分は「頭部(Caput)において繰り返す」という意味なのです。講義が進むに従って、細胞呼吸のミトコンドリアの制御系のホルモンの司令塔の脳下垂体前葉が、ヒトの個体発生の初期35日目頃の口腔の天井の粘膜から発生するラトゥケ嚢に由来することを知ると、もはや顎顔面・口腔が細胞呼吸のコントローラーの司令塔である事を悟り、この領域を制した医者が医者の中の医者であるとの確信が得られたのです。
一方、生理学では、昭和37年当時大流行していたセリエのストレス学説でも、脳下垂体・副腎系のホルモンの変調が健康と病気に深くかかわるとの学説だったので、さらにこの考えに意を強くしました。ラトゥケ嚢に由来する脳下垂体の前葉は本当の脳ではなくて、後脳由来の下垂体後葉と合体して、血液に溶けるホルモン・(サイトカイン=当時のことばは無かった)・生長因子・神経伝達物質等によって腸管内臓系・体壁筋肉系と脳脊髄神経系との仲を取り持つとともに全身を構成する全60兆個の細胞内の生命力の源のミトコンドリアの制御系であることを知り、しばし我を忘れて感動したものです。生化学では、脊椎動物を定義する物質がヒドロキシアパタイトと硬蛋白質のコラーゲンである事に注目しました。これらの物質を人工的に合成すればこの宗族の謎が究明されることを確信したのです。一方、細胞小器官のミトコンドリアが糖とミネラルと水を使ってエネルギー物質のATPを産生する電子伝達システムを有する細胞呼吸の中心器官であり、生命力の源であることを知りさらに感動しました。臨床の一般医学の講義は、内科、外科、泌尿生殖器科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科等はすべて短時間の口述講義のみであったので、医師の国家試験用の安直テキストを全科そろえて、暇を見つけては専ら自習しました。口腔科医としての実習は、口腔外科手術学も口腔科治療学も一切なく、ただただ歯科治療の実習の大半が、歯科技工技術のトレーニングで、専ら義歯や冠や充填物の鋳造技術の習得の訓練にあけくれた観がありましたが、これが後の人工関節骨髄造血巣チャンバーや人工歯根の開発研究には極めて有効でありました。臨床の歯の治療の保存学、補綴学、クラウン・ブリッジ学、部分床義歯学、全部床義歯学、歯周病学等の教科書は、図を見ればわかるものばかりなので一切購入せず、歯列矯正の「機能的顎矯正法」のみとし、あとは歯の発生学、一般人体病理学、口腔外科学、歯周病学はすべて独逸語と英文の教科書を揃えて専ら自習しました。
 

2013-09-26 11:54:40

「顔と口腔の医学」西原研究所ではどうして全科の医師をまとめて指導できるのか?③ Part.3

    現代の量子物理学に基づいて、地球をはじめとする宇宙のありようを見ると、この宇宙は膨大な質量のないエネルギーとほんのわずかな質量のある物質によって成り立っている事がわかります。そして無遠大とも言えるエネルギーとわずかな物質は、ともに「質量のある物質とエネルギーが、ある状態で等価になるという質量とエネルギー保存の法則」のもとにすべての現象が地球上でも宇宙の中でもとり行われています。過去から未来にわたる永遠の時間も、限りのない広大無辺の宇宙空間もすべて質量のないエネルギーであることをユメユメ忘れてはなりません。
 質量のある物質と、ないエネルギーの仲を取り持つ「もの」や「現象」がありますが、これ迄の量子物理学ではこの関係は、うやむやでアインシュタインからファインマンに至るまで誰一人として「腑に落ちる話」としてこれを語ったヒトがいなかったのです。ブログの著者の西原は、現代医学の生命現象論と生命反応論のなかにエネルギーが完璧に欠落していることを、合成ヒドロキシアパタイトを用いた人工骨格器官の人工関節骨髄造血チャンバーとセメント質と歯根膜を誘導する人工歯根の開発を通して発見しました。この二つの重要な器官を、ともに生体力学エネルギーの体液の水力学(hydrodynamics)で間葉系ステムセル(幹細胞)から遺伝子発現により、誘導することに世界ではじめて成功したのが1988年です。体内でハイドロダイナミクスが流動電位に変換さて、この電位が触媒となって遺伝子発現が起こって、造骨細胞や、造血細胞、歯根膜組織の誘導が起こることを明示しました。すでに25年も前のことです、これ迄エネルギーが触媒となって遺伝子の引き金が引かれて化学物質が合成される事実は、例外的に植物において光合成のみしか知られていなかったので、これは20~21世紀最大の発見なのですが、いまだに誰一人気付く者はおりません。
 今の生命現象は、すべて質量のある物質のみで触媒も化学反応も考えられているのです。体の長期反復性の動きで生ずるHydrodynamicsにより、時に遺伝子発現が起こるという事を深く考えれば、ウォルフの骨の機能適応形態の法則やラマルクの用不用の法則の現象の背後にひそむ法則生の究明が訳なく可能となるのです。これをさらに深く考えると、高等生命体にとって質量のないエネルギーと質量のある物質(酸素や糖、ミネラル)が等価であることが解ります。つまりエネルギーが仏教で言う質量のない「空」で酸素や糖が質量のある物質「色」でともに触媒として遺伝子の引き金を引くから、生命体にとっては等価なのです。25年前のこの大発見を発展させたのが「エネルギーに基づく量子物理治療医学」(Energy-based Quantum Medicine)で、その具体例が「顔と口腔の医学」です。この新しい医学の体系は、そこらへんで口呼吸だけをとらえて自分で見つけたごとくに大騒ぎしている一部の巷の医者とは訳が違って、その背景には明治以来のわが国の医学の深い流れがあり、その流れに沿って全科の医学を自習し体得して得られた蓄積があります。そして基礎研究も、にわか「口呼吸病」論者とは全く異なり、外呼吸の究極の標的である細胞呼吸の小器官ミトコンドリアの形態と働きを制御する遺伝子の研究に関してもすでに45年も前から研究しているのです。つまりにわか「口呼吸病」医者とは、桁が二つばかり違うのです。それでは、これから著者の医学臨床のはじまりから述べていきます。18歳の昭和34年に東京医科歯科大学歯学進学過程に入学し、2年間の教養部に続く4年間の専門課程の計6年間に、この大学の歯学部が、極めて特殊な、わが国でも唯一の建学精神の生きづいた医学系の大学であることを体得したのです。Part.2で述べました旧制の口腔科医科大学構想の実現に邁進された島峰徹先生の思想が、関東大震災と太平洋戦争の敗北という二つの国難によって中途挫折した状態にある事も知ったのでした。旧制の口腔科医科大学構想と言うのは、ヨーロッパに根付いていた医者の中の医者の「口腔科医」に極めて近いもので、医師免許証のもとに。生命の源の細胞呼吸のコントローラーとしての口腔・顔面・咀嚼器官を中心に疾病の治療を行う医師養成の考えです。
 

2013-08-06 16:49:51

「顔と口腔の医学」西原研究所ではどうして全科の医師をまとめて指導できるのか?③ Part.2

 ひるがえって、今日の医学教育では、歯科口腔科も耳鼻咽喉科も眼科、皮膚科、泌尿器科、産科婦人科も、脳神経科も脳外科も精神神経科も臓器別の内科も小児科も外科も血液内科もなにもかも一人前の男女が一生かけて生業とするには、研究・診断・治療の手技手法から手術療法も含めて、習得するには余りにも易し過ぎるのです。血が巡っている医学で血液がくさったり毒物に汚染されて細胞呼吸が駄目になって難治性疾患が発症することがわかれば、習練次第ではこれらのすべてをひっくるめてほぼ全科を一人の医者で予防と治療ができるはずなのです。ただし誤った今の医学を続けたあげく手遅れとなったものには最新の手技による手術等が有効なことは論ずるまでもありません。
 再々述べるように、胎生期の口腔粘膜のラトゥケ嚢に由来する脳下垂体(前葉)が、身体全体の細胞内呼吸のミトコンドリアを指令する最重要器官であり、脳神経系由来の後葉とともに身体の内臓系体壁系と神経系の三大システムの仲を取り持つ連合器官であります。この事に着目してエネルギーを本格的に医学に導入してまとめたのがエネルギーに立脚した「顔と口腔の医学」です。
 この「顔と口腔の医学」は旧制の口腔科医科大学構想を樹立された島峰徹の思想を発展させたもので、従って医者の中の医者(Arzt von Ärzten)となるべき実力を要するものです。
 学生時代に医学の全科を自習し、大学院にても全科の実習を行ったことが生きて来たと言えます。
 

2013-07-22 16:00:01

「顔と口腔の医学」西原研究所ではどうして全科の医師をまとめて指導できるのか?③ Part.1

  今回はこの件について話します。西研は歯科口腔科の治療を中心としながらも、あらゆる難治性の疾患を「口呼吸」と「噛み合わせ不全症」の視点を中心として、原因の究明と治療法を考察し、その上で口呼吸と咀嚼機能の不全をデバイスと手技・治療術・手術等を用いてほぼ強制的に正して鼻呼吸と噛み合わせを回復し、それによって結果として難治性の疾患の治癒をはかる間接的とも思える根治治療を行っております。
 前回述べましたように咀嚼器官は生命の要の器官であり、脳下垂体前葉の源が口腔粘膜に由来します。そのために口腔咽頭の扁桃部の顆粒球が微生物を抱えて容易に内頸動脈から上下の下垂体動脈経由で脳下垂体門脈に達するのですが、口腔粘膜のラトゥケ嚢由来の下垂体前葉は本当の脳ではないため、脳血液関門がないのです。バイ菌やウイルスを抱えた顆粒球がここから容易に脳内を巡る脳脊髄液(リコール=リンパ液)に取り込まれて脳内のニューロンやグリア細胞に微生物を播種します。同時に脳下垂体門脈から全身の静脈血を巡るのですが下垂体を通る間に前葉や中葉、後葉から分泌される種々のホルモンを、このバイ菌やウイルスの入った顆粒球が標的器官の細胞群にまで運ぶのです。このことを最近西研の臨床研究で発見したのです。たとえば中葉から分泌されるメラニン産生ホルモンは、汚染顆粒球に抱えられて、人体のすべての皮膚の表層の細胞と脳のニューロンに配達されるのです。重症のアトピー皮膚炎のヒトがしばしば統合失調症も発症するのはこのためです。後葉から分泌されるバゾプレシンは、汚染された顆粒球に抱えられて腎臓に達すると、まず原因不明の高血圧症、つづいて蛋白尿や血尿となり血中のクレアチニンや尿酸値も上がります。腎臓が無症状に感染するのです。前葉からはたとえばプロラクチンが分泌されますが、汚染された顆粒球がこれを標的臓器に配達すると、妊娠していない19才の生娘が突然おちちだらだらになってしまいます。この時乳首はもとより卵巣も子宮もバイ菌だらけになり子宮内膜症、乳腺炎、卵巣嚢腫、生理痛などありとあらゆる生殖系器官の感染性の不快症状を発症します。もとよりこれは、3才頃からの冷中毒(アイスクリーム)で脳下垂体に感染巣(脳下垂体腫瘍という)が長年かけて発症したためである。実際この手の方を完治させますと、生殖系の不調はすべて消失し完治してしまいます。要は血液がくさる、つまり血中の白血球の顆粒球が汚染すれば病気になるのですから血が汚染しないようにくさらないようにすれば良いのです。この意味で今日の臓器別医療が全く無意味で、腐った血液が巡っていれば耳も眼も鼻も脳神経系も肺も心臓も腎臓も膵臓も肝臓も泌尿・生殖系も、皮膚も筋肉も骨髄造血系もところかまわずやられるのです。

2013-07-22 15:57:07

  • 件 (全件)
  • 1