〒106-0032 東京都港区六本木6-2-5 原ビル3F

診療時間 10:00~13:00/14:00~17:00   ※休診日 / 水曜・土曜・日祝日

港区 六本木 歯科口腔外科,人工歯根,新しいインプラント,口腔生体力学療法,バイオメカニクスなど。【西原研究所】

HOMEミトコンドリア博士のごあいさつ著書研修制度料金表・アクセス

HOME»  西原博士のブログ»  三木成夫形態学の学術展開 西原医学の樹立»  三木成夫形態学の学術展開と「顔と口腔の医学」研究所の西原医学の樹立Part.5 -Energy-Based Quantum Medicine の創始と重力進化学の創始-

三木成夫形態学の学術展開と「顔と口腔の医学」研究所の西原医学の樹立Part.5 -Energy-Based Quantum Medicine の創始と重力進化学の創始-

三木成夫形態学の学術展開と「顔と口腔の医学」研究所の西原医学の樹立Part.5 -Energy-Based Quantum Medicine の創始と重力進化学の創始-

 わが国伝統の口中医と口腔科医とアメリカ流の歯科
 明治以前のわが国と中国には口中医が存在し、ヨーロッパも外科医に属する口腔科医が医者の中の医者として位置づけられているから、当然一般医科でもこの「脳下垂体-顎・口腔・咀嚼による細胞呼吸統御システム」すなわち「顔と口腔の医学」の最重要性は肌で感じていて重要視されている。日本ではアメリカ型歯科が口中医を無視してエリオットによって民間主導で導入されたが、これはペリーによりヨーロッパに先んじて日本攻略をはじめた米国が、南北戦争で動きがとれず英仏に後れをとったための苦肉の策であった。最初の医師免許国家試験の4号で歯科医師となった小幡英之助は、元来外科医となるはずであったので、わが国の伝統の口中医の制度の医師としてエリオットの歯科技術を身につけたうえで口中医となるべきであったのだ。エリオットは、南北戦当時外科と内科の軍医であったが、極東を医学で制覇する目的で、わざわざペンシルバニア大学歯科医学校へ行って卒業し、歯科の技術を身につけて日本に渡来し、我が国では小幡たった一人を弟子として「歯科」で受験させることで、その後のわが国の医療制度をアメリカ型歯科に変えることに成功したのであった。英之助は、時の慶応義塾長小幡徳次郎の甥であった。福沢諭吉も徳次郎も彼が歯科医となることには反対したという。「天は人の下に人をつくらず」と言った諭吉がアメリカで見た歯科医を「士分のする仕事ではない」と言って猛反対したのである。口中医は、日本でもすでに医者の中の医者であったので、緒方洪庵の適々塾出身の福沢も外科医として口中医歯科をやることには賛成したはずである。今日のイタリーでもこの領域の医者の称号はメディコ・ヒルルゴ(外科医)スペシャリスタ イン オドントストマトロジアであるからまさに日本の昔と同じ口中医である。エリオットはその後すぐに上海に渡り、中国に歯科技術を植えつけて英国に移り、最後はそこで王立医科大学の歯科の教授となった。当時米国でヨーロッパより医術ですぐれていたのは、くさった歯の処置法と入れ歯の作り方のギルドの教程をdentistryの学校としてヨーロッパより早くスタートさせた歯科だけだったのである。ヨーロッパの口腔科はstomatologyとして眼科・耳鼻科と同じ医学の体系の一つであるが、dentistryは、alchemy錬金術からchemistryが出来たごとくdenture義歯からdentistry義歯術、むし歯処置術がギルドの学校として体系づけられたものである。たとえて言えば、今日の「自動車学校」のようなものなのだ。
 
 
医学部では興味のうすい三木成夫の講義と全科の出来る口腔科医
 三木成夫の内臓頭蓋の発生学の講義は口腔科医には深い感銘を与えるが、アメリカ型のデンティストリーと医学が完璧に分離している我が国の一般医科を養成する医学部や医科大学には完璧に口腔がもぬけのからであるためか、三木成夫の顔と口腔と鰓腸の話はかれらには殆ど無縁の話に聞こえるらしい。医学部の先輩で、東医歯大の病理学の教授になったヒトも、三木の講義は一切覚えていないと三木成夫の追悼文集の中で述べていた。医科歯科大学の母体はまぼろしの「口腔科医師養成大学」が本来の目的であったから、自分で口腔科医を目指していた筆者には極めて感銘深く、実に有効に活用出来る講義であったが、医学部の連中には、余り価値のないうんざりする話であったのだろうか?医学部出身の連中で三木の講義内容や思想を発展させている学者は皆無に等しい。
 本稿で示すごとく三木発生学を発展させて臨床系統発生学を体系づけて、自ら学びつつ実地臨床医学を続ければ、現在行なわれている各科医学の体系は、内科・外科・耳科・泌尿器科・皮膚科・産科・婦人科・腎・心、肝、呼吸器・歯科口腔科のどんな科でも、男女ともどもヒト一人が一生涯かけてやるには、余りにもやさしすぎることは自明である。各科の手術も含めて10年すれば完全習得されるから、序々に勉強と実践の範囲を拡げて行けば、筆者のように全科を含めて診察が可能になるはずである。そして手おくれにならないかぎり難治性の疾患も治せるはずである。実際にも、各科の医者は10年もすると、することが無くなるから、長時間を浪費するゴルフや遊興にふけるのはそのために違いないのである。これで漸くにして三木成夫の熱弁をふるった講義が、どうして医学部の連中にたいした感銘も与えずに、学術的に進化発展させることが全く出来ないのか漸くにして明らかとなった。
 
 

2014-07-01 16:00:15

三木成夫形態学の学術展開 西原医学の樹立